よくある質問

待ち時間について

待ち時間はどれくらいですか?なぜ待ち時間があるのですか?

待ち時間は店舗や時間帯、また処方せん内容によって異なりますが、体調のすぐれない時に長く待つのは本当に辛いもの。

1分でも早くお家で休んでいただきたいのが薬剤師の気持ちです。でも治療に役立つはずのお薬に万一のことがあっては大変!

処方せんをお預かりした薬剤師は調剤を始める前に、処方せんの記載に間違いがないか、その薬は患者さんの体質に合っているか、相互作用のリスクはないか、などお薬手帳や過去の薬剤服用歴を慎重に確認し、場合によっては処方医に問い合わせや相談(疑義照会)を行っています。

調製後の薬剤監査も安全に医薬品を使用していただくために省略できない大切なプロセスです。お待たせする時間は、患者さんの命を守るための時間でもあるのです。

ご来局前に「写メって処方せん」やFAXで処方せんを送っていただけば、前もってご準備しますので、薬局での待ち時間を短縮することができます。便利な処方せん予約をぜひご利用ください。

また、処方せんをお預かりして後で薬を取りに来ていただいても構いません。例えば病院から一番近い薬局ではなく、ご自宅や生活圏のそばにあって、何かのついでに寄れる薬局を選ぶと、薬局の外で時間を過ごすこともできて楽に感じられるかもしれません。

私より後から受付した人が先に薬をもらっています。私の順番がとばされたのでは?

お薬の内容によって調製時間に幅がありますので順番が前後することがあります。また、処方せんの記載に不備や問題があった場合には処方医に確認するためお時間がかかることがあります。
特にお時間がかかりそうな場合には時間の目安をご案内いたします。

複数のスタッフがいるのに待たされます

薬局には薬剤師、事務員、登録販売者などのスタッフがおりますが、処方監査、薬剤調製、投薬と服薬指導は国家資格をもつ薬剤師だけが行うことができます。

それぞれのスタッフが業務分化して患者さんの待ち時間短縮に取り組んでいます。

お薬手帳について

お薬手帳って何ですか?

お薬手帳は、処方されたお薬の名前や飲む量、回数、飲み方、注意点などの記録(薬歴)を残すための手帳です。アレルギーの有無なども記録されます。
この記録により、医師や薬剤師がお薬の重複や不都合な組み合わせなどを確認できるので、万一の服用ミスを防ぐことができ安全にお薬をお受け取りいただくことができます。重複投与による無駄な出費を抑えられるメリットもあります。
毎回同じお薬をもらうだけの方も、きちんと受診できているか、服薬できているか等の確認ができます。また複数の医療機関や薬局にかかっている患者さんもお薬手帳によって服薬状況や経緯が確認できますので、お尋ねしたり医療機関等へ問合せする手間がかからず、待ち時間の短縮につながります。

別の薬局で同じお薬手帳を出していいのですか?

どこの医療機関や薬局でも、同じお薬手帳が使えます。継続的な記録を確認できるようにするための手帳ですから、病院や薬局ごとに分けたりせず1冊にまとめておきましょう。
現在複数の手帳をお持ちの方は薬剤師にご相談ください。(富永薬局ではオリジナルお薬手帳をご用意しています)

お薬手帳を忘れたらどうなりますか?

お薬手帳を忘れてもお薬を受け取ることはできますが、お薬手帳を忘れた方やお薬手帳を持っていない方は10~40円お会計があがることがあります。(平成28年4月の調剤報酬改定より)
でもお薬手帳は「お会計が安くなる」だけではなく、あなた自身の命を守る大切な手帳です。特に災害、事故、旅先での容体の急変など緊急の際には、使っている薬やアレルギーなどの医療情報が把握できて医師の判断に役立ちます。
受診の時以外でも常日頃から携帯しておくことをお勧めしています。

処方せんについて

処方せんはすぐに薬局に持っていかなければダメなの?有効期限はある?

処方せんの有効期限は発行された日から4日以内です。期限内に薬局にお持ちください。

いつもと違う薬局に処方せんを持って行っても良いのですか?
処方せんは病院から近い薬局に持ってい行かなければいけないの?

医療機関でもらった処方せんは全国どちらの薬局でもお薬を受け取ることができます。顔なじみの薬剤師がいる「かかりつけ薬局」をもつことをお勧めします。
特にご高齢の方は複数の医療機関から多種の薬を処方されている方が多く、お薬の飲み合わせが悪いのを知らずに服用してしまうケースもあります。また若い方では、病気が完治していないにもかかわらず副作用を心配して自己判断で服用を中止し、かえって症状が悪化してしまう場合もあります。
かかりつけ薬局では、薬の専門家である薬剤師が患者さん一人ひとりのお薬と服薬状況、体調の変化を継続的に把握し、その方にとって最適となる薬物治療をサポート。お薬の服用・管理のことをはじめ、体調や食事の管理など健康全般についてご相談いただけます。

薬局も保険証はいるのですか?

薬局(保険薬局)は病院や診療所同様に医療機関に分類され、法律により保険証を確認する義務が定められてます。(保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則)
また実は患者さん側にも保険証提示を義務とする法律があります。(健康保険法施行規則)
医療機関が発行した処方せんには保険証の番号が記載されていますが、入力ミスによる記号・番号違いや、保険証の期限切れなどの事例は少なくありません。保険証は大切な個人情報ですから他人に見せたくないと思われる方もいらっしゃるでしょうが、どうぞ保険証確認にご協力をお願いいたします。

その他

駐車場はありますか?

店舗によって異なります。店舗案内でご確認ください。

写メって処方せんのパスワードを忘れました

写メって処方せんのページをご確認ください。